建築パースについて

オフィスビルやデパート、百貨店、ホテルなどの建築現場で、工事現場を囲っている壁に完成予想図が描かれているのを目にされたことがある方も、大勢いらっしゃると思います。
建築パースは各方面で使われており、建築物に関しては、住居やマンション、オフィスビルをはじめとし、工場や店舗にも用いられています。
また建築物だけでなく、土木工事を行なう時にも建築パースは使用され、河川護岸やトンネル、公園の工事などに使用されます。
その他、テントや照明器具などの工業製品に使用されることもあり、非常に多方面にわたって使われているものです。
建築パースが多方面に使用される理由としては、建築パースは、見る人の印象を強固にするという目的があるからです。
わかりやすくて人の目を引き付ける色遣いと表現力で、見た人に新しくできる建築物へのイメージを湧き立たせることができるため、ビジュアル的に建築物などの意義を明確にお客様へ伝えることができるわけです。
つまり、図面や報告書だけでは説得しにくく、わかりにくい点を建築パースという高い技術を用いることで、その建築物の目的や狙いを明確に伝えられるということです。
またそれだけでなく、建築パースの役割は他にもあり、施工段階では、図面の補足として使用することで、コミュニケーションツールにもなります。
とはいえ一口に建築パースといっても、外観(外装)パースと内観(内装)パースでは、目的が異なります。