建築パースのポイント

建築パースは美術的な技法でいうなら、線遠近法を用いた透視図ということになります。
線遠近法とは、遠近感を出すために線を用いる遠近法のことで、透視図とは、遠いものは縮小して近いものは拡大して描くことで遠近感を出した図のことです。
そして一般的に、この透視図を描く上で必要とされるのが消失点と呼ばれるものです。
消失点とは、実際には平行になっている線を、平行ではなく描くことで遠近感を出す際に、その平行ではない線が交わる点のことをいいます。
例えば、一直線に続く線路を遠近法を用いて描こうとした時、画面の手前側は拡大されて線路が描かれ、画面の奥には線路が一点に集中されて終わっていくように描くことがあると思います。
その一点に集中されていった点が、消失点です。
消失点は、描き方によって1枚の絵の中に何点でも取ることが出来ます。
建築パースで用いられる技法は、一点透視図法と呼ばれる技法です。
消失点は1点で、透視図を描いたものということです。
中には二点透視図法や三点透視図法を用いて、より多角的に見えるように描く方法もありますが、基本となるものは一点透視図法です。